マヌカハニーとは?

What is Manuka Honey?

マヌカハニーとは、驚くべき力が高く評価されている、貴重で特別なニュージーランド産はちみつです。ニュージーランド原生のマヌカ(フトモモ科)の花蜜から採れるマヌカハニーには、他のはちみつにはほとんど含まれていない、独自の天然成分が含まれています。

その驚くべき自然の力が広く研究され、認められた最初のはちみつです。

The Magical Manuka Tree

原生のマヌカの木は、ニュージーランドの厳しい自然環境の中で繁栄するために、他に類を見ないほど順応します。強くて回復力に富むマヌカは、土地の自然保護と再生能力の役割を果たします。

マヌカは古くからニュージーランドのマオリ族によって薬用植物として重んじられ、治療薬として伝統的に使用されていました。マヌカの花蜜からもたらされる特別な自然の力は、他のはちみつにはないマヌカハニーならではの特徴です。

マヌカの花の成長段階を見極めることで、プレミアムなマヌカハニーが作られます。

Why is Manuka Honey so special?

ニュージーランド国内のみで、1年のうちマヌカが開花するわずか数週間しか採蜜できないため、マヌカハニーは貴重です。

春から夏にかけて気温が上昇すると、ニュージーランドの遥か北でマヌカが開花し始め、暖かい気候が全土に広がるにつれて続々と開花します。花芽の最初の兆候から、花蜜を生産し終えるまで約25日。その限られた時間の中で、養蜂家は巣箱を配置し、ミツバチは花蜜を集めなければなりません。養蜂家はシーズン中24時間休みなく働き、ヘリコプターで巣箱を遠隔地に移動させることもあります。

ミツバチにとって、マヌカハニーを作るための最適な気象条件が必要です-雨で巣箱の外に出られない間に、強風によってマヌカの花が散ってしまうこともあります。巣箱でのはちみつの生産量と、その年のはちみつの総生産量は、気象条件とマヌカの花蜜の生産量に大きく左右されます。

マヌカハニーが希少であり高価である主な要因は、限られた自然条件のみならず、養蜂家の優れた計画と迅速な行動が求められるためなのです。

マヌカハニーの製造工程を詳しく見る